レビュートーメン、生存確認

ふと真夜中に頭の中に浮かんだ文字、レビュートーメン。
1853年に生まれたかなり古くかつ、日本ではかなりマニアックな部類に入るマニュファクチュール。

まさに知る人ぞ知ると言う立ち位置であったため、こだわりのあるメーカーとして評価されることも少なくはなかった。

どうなったんだろう。。。レビュートーメン。
確か、10数年前は今よりももっとメディアに登場することが多かった記憶があるが最近ではあまり名前を聞かなくなっていた。

ざっくりと今はこんな感じ。


たまたま取得したデータでは、ETAの自動巻が多かったがここの本名はやはり手巻きのGTムーブメント。
よーく探せばまだ市場には少しあるようです。

超絶頑固者スタイルを極めんとする方には、よくお似合いのメゾンかと思われます。