愛された男【LONGINES】ロンジン アンバサダーとしてのアンドレ・アガシ

スポーツコレクションの発表以降、ロンジンは「このシリーズのアンバサダーとして、最もふさわしいのは誰か?」を考え抜いたに違いアリマセン。。

実は海外では英語バージョンとフランス語バージョンがあるハイドロコンクエスト・クロノグラフのCMに登場するのは「最も記憶に残るテニスプレイヤー」といって過言ではない、と思われるアンドレ・アガシでありマス。(2006年引退)



エースが決まってる。。

若くして頂点→ある事をきっかけに失墜→どん底時代を味わいながらも回復→ふたたび返り咲き

「最も記憶に残る経営者」であろうアップル/スティーブ・ジョブズと奇しくも同じ経路のパターン。

リアル・ロッキーなハングリースピリットもさることながら、アガシが愛されたプレイヤーであった最大の理由はやはり「ストレートな感情表現」。笑顔が素敵です。

ファンによるビデオは結構あります。


「人々の右脳に広告する。」
もしロンジンがそうした広告戦略を敷いているのだとしたら。。

「ハイドロコンクエスト・クロノグラフ」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。