祝!日本上陸。成功の秘密は。。【URWERK】ウルヴェルク 202 オートマティック ツインタービン ハンマーヘッド

クロノス最新号によると、銀座アワーグラスさんでウルヴェルクの発売が決まった模様。
スゴい度胸だ。。

最新作は「ヘキサゴン」だがサテライトアワーの基本構造は変わらず、この路線でいく模様。(ヘキサゴンっつったら『里田まい』激萌え!違。)

これは自動巻機構に空気抵抗の整流を取り入れたオートマティック202。


『要塞?』
どうやら、ここらへんがウルヴェルク※が世界的支持を集めた理由の様な気がする。
ウルヴェルクの目指すところとは「左腕の要塞」なのではないか。

古の戦国大名であろうとコングロマリットの総帥であろうと今日のSEO屋さんであろうと、男性性の行き着く先が「要塞」であることには変わりがナイ。。

このメーカーにとってはもはや「時刻の表示」はホントは二の次なのかもしれない。ローマン・ジェロームが針もディスクも持たないトゥールビヨンをつくったように。
むしろ「戦うもの」としてのステイタスシンボルがこのシリーズの意義なのかも。
「アンチ・アーティスティック」。
実に攻撃的な。


posted by 綺羅 | Comment(0) | 新興メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。