我らは得手に帆をあげて ランゲ&ゾーネ リヒャルト・ランゲ プール・ル・メリット

本日、6年何ヶ月ぶりかに景気が悪化したとの見解が発表された訳デスが、景気とは万人にとって平等なものではナイ。。

ザクセン文化に源流を持つランゲはプリSIHHでプール・ル・メリットの新作を発表しています。
prrmrt.jpgプール・ル・メリットの名を冠するのはこれが三つ目。はじめは1994年のトゥールビヨン、二番目は2005年のターボグラフ。今回はシンプルな三針モデルであるリヒャルト・ランゲの名を与えています。(とはいえ今回はスモールセコンドとなった上、ベースムーブメントもどうやら異なるようですが)

その共通項はいうまでもなく、古風なフュジー機構=平たく言えば鎖引き。博物館から取り出してきたかの様な、メカフェチ満足度高し!な。。かろうじて鎖が見えてます。

概観はシンプルなのですが、中身は大変な事になっている、というトレンドを押さえているとも考えられる。
昨今流行りであったガジェット趣味に対するアンチテーゼか?

いずれにせよ、得意分野を極度に開発、特化してますな。

「ランゲ&ゾーネ」の検索結果


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。