新たな心臓【LONGINES】ロンジン コラムホイール クロノグラフ

ロンジンの現在のスウォッチグループ内での位置づけは「ETAムーブメントを用いつつ、高品位なモデルで市場シェアを拡大する事」だといって良いかと。。

その意味では主力のクロノグラフのコラムホイール化はいわば自然な流れ。

ETA-A08.231.jpgこれは2009年バーゼルで発表されるETAのニューキャリバーA.08.231。青いコラムホイールが自己主張しちょります。
フレデリック・ピゲとの共作ですから、スピードマスターのレジェンドコレクションなんかと同じ様な価格帯になりそな予感。

第一作の外装は横三つ目で4時位置デイト。
ロンジンらしいクラッシックな面持ちで来ます。

思えば7750→コラムホイール搭載による高級機化というのはラジュウ・ペレなんかがよく使ってる手法なのですが、もはやこの市場も見逃さず、という姿勢の現れか、と。

7750の時代に自ら終止符を打ち、クロノグラフの新基準を確立したいスウォッチグループとしては、ロンジンはますます重要なブランドでありマス。。

「ロンジン 時計」をもっと見る


タグ:ロンジン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。