まず破壊ありき ランゲアンドゾーネ ツァイトヴェルク

既に一部では賛否両論を巻き起こしつつあるランゲアンドゾーネのツァイトベルク。。
zeitwerk.jpg見ての通り、ジャンピングアワーとジャンピングミニッツに、パワーリザーブとスモールセコンドという独特の表情。

否定的見解の根っこは「ランゲらしくない」という主観に基づくものですが、その「ランゲらしさ」の破壊こそ、これをつくった目的に思えてならないんですが。。

ランゲの持つ重厚な雰囲気は、それ自体が魅力ではあるもののソコからの発展性に乏しい、という弱点があったのは確か。
それを一旦離れた時計でありながら、明らかにランゲの血を引くモデル、を作りたかったんじゃないか、と思いマス。。

勿論、酒のつまみにもなるムーブメントのシースルーバックは健在で、バレルは特許取得済みの技術の塊。

新たな地平を切り開くための戦略的な橋頭堡。
この一手が効力を発揮するのは、案外早いのかもしれません。

現時点でのランゲ&ゾーネ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。