稀有なる重厚【ランゲ&ゾーネ】リヒャルト・ランゲ

一体、消費者は何をもって「高級時計を『高級』と感じるか?」というテーマはあんまし語られた事ないような。。

人によっては「完成された様式美」であったり、「秘められた宇宙観」であったり、時には「複雑なメカニズムが紡ぎ出す精密さ」であったり、とその答はひと様々なのですが、「えもいわれぬ重厚感」を具現した時計でリヒャルト・ランゲの右に出るものはあるんでしょうか?


ランゲ&ゾーネ【宝石広場】【新品】【NEW】ランゲ&ゾーネリヒャルトランゲ232.032【送料・代引...

そもそもあんまり入荷本数が多い時計ではないので見た事ない人も多いかも。

新生ランゲ唯一のセンター三針。

聖域を持つカラトラバでもなければ、非パテック系スイスでもないザクセンの美。

確かダブルスプリットの改造ムーブメントだったと思いマス。
じっと見てると吸い込まれるので注意を必要としますが。。

視覚にアピールするだけでなく、まとった重厚感より生ずる伽羅のような「芳香」を放つ数少ない時計。

マイスターの技、きわまる、極まる。。

ランゲ&ゾーネをもっと。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。