根源への希求【Girard-Perregaux】ジラール・ペルゴ アニューアルカレンダー イクエーション ローズゴールド

ココ最近の原点回帰指向に最も反応したのは、実はジラール・ペルゴではなかろうか。。と思ってしまうプリSIHH 2012年の発表モデル。
girard-perregaux-1966-annual.jpg
2009年発表の1966シリーズのアニューアルカレンダー+イクエーション表示モデルのルテニウムとローズゴールド素材のバージョン。
真太陽時と平均太陽時の差を示すイクエーションですが、あまりにもマニアックなコンプリケーションで後はオーデマが時々出すくらいの希少種。
発表以来、意外に支持を集めてるようですね。

「時間とは宇宙そのものだ!」という魔術師的な悟りに到ったのかもしれない、と思わせるシンプルな完成度、だけど緻密モデル。

武骨な印象のあった同社ですが、そういった衣を完全に脱ぎ捨てにかかっている動きが見えます。
目指すところはやはり「正当な名門」でしょうか。

ジラールペルゴ 1966


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。