2011年で最も印象に残ったのは。。

回を重ねて勝手に決めてる第五回機械式BLOG大賞ですが。。

ぶっちゃけ、閉塞感の色濃かった年だったんじゃないかな、と。
出口を求めて彷徨う各メーカーの模索が見え隠れしたような気がします。

そんな中で、圧倒的に強みを活かしきったのはコレ。



やっぱセラミックベゼルデイトナ。Cal.4130ももうすぐ12年の現役ムーブメントですが、それとは別の方向で独自素材とセラミックとの融合で目新しく斬新なかっこよさを示したのは大きい。
ムーブメント開発競争だけが強さを決定する要因ではない、という強烈なメッセージを残したと思います。
ユニーク性の勝利ですね。

もっと詳しく→Ref.116515LN


タグ:ロレックス
posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。