高嶺の花【Cartier】コンセプトウォッチ ID Two

今現在最も前衛的であると思われるのはどこか?という問いには色々な答えがあるのでしょうが。。
ここ二年ばかり続く原点回帰の流れからいち早く脱出しているように見えるのが盟主カルティエ。

賢姉キャロル・フォレスティヱーカザピの指揮のもと、次々に生まれるコンプリケーションを見ていると、迂闊に書くことさえためらわれる、畏怖すら抱いてしまいマス。。あの強烈な自己破壊と急速な再構築能力って、散る事への拒絶から生まれているのか。。

そんな中、新たなコンセプトウォッチIDツーってのが発表されてます。

今回のテーマは「超」高効率の様でして、あらゆるエネルギーロスを排除する事にある模様。
新素材、新製法(空気抵抗って。。)、新設計と技術を掛け合わせた結果のオチがこのパワーリザーブ、デスよ!
コンセプトウォッチとはいえ、カリブルサイズに纏め上げるのが攻めの王者っぽいんですよね。

もっと見る→カリブル・ドゥ・カルティエ


タグ:カルティエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。