happy endingsに向かって【Cartier】カリブル・ドゥ・カルティエ クロノグラフ

LVMHとの死闘は、世界の存続か滅亡か。。というくらい激しいもののはずなのですが、いい感じにほんわかした新作が対照的デス。。
来年初頭に開催される2013年SIHHで発表されるのがリシュモングループの盟主カルティエのカリブル・ドゥ・カルティエ クロノグラフ。
お察しのとおり、インハウスなクロノグラフムーブメント(1904-CH MCキャリバー)を積んでます。
Cartier-Calibre-chrono.jpg


あえての2カウンターと堂々としたローマンインデックス。
決して手が届かないもどかしさっぽい憧れをかきたてながらも、気が付けば至近距離まで降りてきて小悪魔的に振舞う様は、最近のカルティエのこのクラスにはなかった、といって良いのでは?

垂直クラッチ、コラムホイールの高級ムーブメント使用。ツインバレルを採用していながらもパワーリザーブが48時間、と控えめなのは独自の設計思想故の判断なのか?

絶えず高貴であらねばならず、かつ近しい存在であらねばならず、かつカルティエらしくあらねばならない。
この道の先にある運命はいかなるものか?

緊迫感あふれる質問に対するカルティエのほんわかした応え、でありマス。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。