針のない機械式時計【ORIENT】オリエントスリースター

シンプルな時間表示の方法としてワンハンド・モデルのような方法とは違う可能性を追求すると、針を持たないディスク回転型も一つのジャンルとして成立しています。

例えていうならジャンピングアワー+ジャンピングセコンドのような機構ですが、案外古くからあって有名どころではIWCが19世紀にこの機構の懐中時計を作っていたりします。

このジャンルは高級ラインもいくつかあるのですが、似たところで一番ネット上で目にするのはオリエントのスリースターかな?

どうやら1970年代にこのタイプの流行はあったようです。
初心者向け、とありますが。。。
イヤイヤ、マニア向けだとおもうんだけどね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。