Ref.IW500401【IWC】ビッグ・パイロットウォッチ

2006年新型のビッグ・パイロット・ウォッチの特徴は 前作Ref.IW500201搭載のCal.5011が毎時1万8000振動であったのに対し、 このモデル搭載のCal.51110が毎時2万1600振動に変更になったのと、7日間パワーリザーブインジケーターに赤いワンポイントが加わったところです。

bigpilot.jpg同じCal.5000系のポルトギーゼ・オートマティック※の変更点と歩調をあわせているのもまた必然。生産数が少なく人気モデルであるということも共通項。違いはパイロット・ウォッチ最上位機種ゆえの軟鉄製インナーケース採用とセンターセコンドくらいでしょうか。
あ、そうそう、こちらはパイロット系の伝統を律儀に守りシースルーバックは不採用。。コレ買う人は「Cal.5000系のペラトンなら100万出してもっ!」って方だと思うのですが、ストイックなんですねえ。。「見たい!でも、だからこそ、『見ない!』」。うーっむ、硬派だ。。


そんな禁欲生活を堕落させる前作の展開図↓(悪魔の笑)。


さて、サイズの方は46.2ミリと普通につけるのにはほぼぎりぎりのデカ時計ですが、大戦中に開発されたオリジナルは服の上からつけるオーバージャケットな使い方もされたハズ。
ゼノ・ウォッチ・バーゼル※ラコ※なんかにある50ミリ超のビッグ・パイロットはオリジナルに忠実な分用途は限定されますが、この46.2ミリという微妙なサイズで汎用性をかろうじて確保しているところが一流メーカーの賢さなのかもしれませヌ。

「パイロットウォッチ IWC」の検索結果


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。