秒表示もデジタル方式【CHRONOSWISS】クロノスイス デジター

機械式でありながら、針を持たない時計は数種類あるのですが、秒表示までデジタル式、というのはクロノスイスのデジターよりほかに現在ないのではないかなあ、と思いマス。

digiteur.jpgデッドストックの角型オールドムーブメントを採用した限定モデル。めったに日本に入荷はありませんが、時折ちらほら入荷情報がありますね。実売110万円ぐらい。
三つの窓の上が時間、真ん中が分、一番下の表示窓が秒表示担当。コレがチクタクと動いて秒表示。。。静かな驚愕モデル、と言うところがこの会社の時計らしさを感じます。
グッとシェイプしたケースデザインが美しい。


機械式で針無しデジタル表示の時計は19世紀からある古典なのだけれども、「ココマデやる!?」という卓越ぶりで時空を超えてオリジナルな意匠としてしまうラングさんってやっぱ時の巨人なんデスね。


この記事へのコメント
クロノスイスデジター手に入れました!
写真と同じYGで、連続番号は何と2/99。
クラシックでエレガントで、スーツにも自然に調和します。
欠点はジャンピングアワーが多少もたつくところと、老眼の私には分が読みにくいことでしょうか。
Posted by まりちゃん at 2007年04月01日 12:32
まりちゃん、御購入おめでとうございます!
いいなあ、デジター。。。
実はいろいろ書いてて「欲しい時計」の五本の指に入りマス。ランゲさんファンなものですから。うらやましい!


ちょっとした欠点も月日とともに美点に変わってゆくんですよねー。
Posted by 綺羅 at 2007年04月01日 15:07
綺羅さん、ありがとうございます。

雑誌でみて一目ぼれだったのですが、クロノスイスレギュレータをメンテに出すときにたまたま在庫があってゲットすることができました

レギュレータと雰囲気は対極的ですので、普段はレギュレータ、スーツはデジターかデヴィルコアクシャル(グレーダイヤル)と使い分けしています。
Posted by まりちゃん at 2007年04月01日 20:08
うおー、デヴィルのグレーとはシブい趣味ですね!

ご自身の好みに一分の迷いもない、そんなお方とお見受けしましたヨ。

トータルバランスに優れた良き機械式ライフですね。
Posted by 綺羅 at 2007年04月02日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。