ヨットレースと時計業界に関する蘊蓄【ROLEX】ヨットマスターU

なぜ、ロレックスが2007年バーゼルにてヨットマスターUを発表したのか?を追求していくと、時計業界とアメリカズカップ(もしくはアメリカスカップ)の蜜月関係が判明してきまシタヨ。。。

○この世界最大のヨットレースは毎年開かれるものではなく前回は2003年開催であった。既出のとおりこの時の優勝艇はスイスのチーム・アリンギ※(←オーデマ・ピゲ)。

○前哨戦はルイ・ヴィトンカップ。。。ルイ・ヴィトンはこれにちなんでタンブールクロノ ルイヴィトンカップ レガッタというカウントダウン付きクロノグラフあり。

○ディフェンディング・チャンピオンであるチーム・アリンギには11のチームがマッチ・レースで挑む。
いくつかのチームには時計メーカーのスポンサーがついている。
現在判明しているのは以下のとおり。。

チャイナ・チーム※(←タグ・ホイヤー)

ルナ・ロッサ チャレンジ※(←ウブロ)イタリアデス。。

●オメガはEmirates Team New Zealandというニュージーランドのチームを応援。オメガ公式サイトの記事はコチラ
そういえばオメガは、NZL32以外にもシーマスターのクロノに”アメリカズカップ”モデルもつくってました。。

●アメリカのチーム、BMW Oracle Racingを応援しているマニュファクチュールはコチラ。TVコマーシャルまであったりと、かなり力いれてマスヨ。。

うむー。まるでメーカーの代理戦争みたいですな。。
第32回アメリカズカップは、今年開催デス。。

banner_03.gif

「ヨットマスターU」の検索結果


posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。