私がピアノの前に座ると【ランゲ&ゾーネ】リヒャルト・ランゲ パーぺチュアルカレンダー テラ・ルーナ

美しい広告文を見た。
恐らくそのコピーの原型は、ケープルズの「私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。しかし弾き始めると。。」という所謂ピアノコピー、である。
クラッシックなコピーではあるが、この「情景を脳内に浮かばせる言葉の力」はハンパない。

私の見たそれは「情景を思い浮かばせるのではなく、好奇心を強烈に刺激する」というパターンに進歩させたものである。
商品は2014年SIHHで発表されたランゲ&ゾーネ、リヒャルト・ランゲ パーぺチュアルカレンダー テラ・ルーナ。価格は2138万円(予価・税抜)。

その広告文は以下の様なものである。
【写経開始】

「理論的に不可能、ということがあります。
たとえば、一本の腕時計に永久カレンダーとムーンフェイズ表示を搭載し、
そこに太陽と地球と月の位置関係まで示しながら、
時計としての視認性を犠牲にしない。

そんな時計は作り得ないというのが定説です。
あくまで、理論上は。」

【写経終了】



リヒャルトランゲの在庫状況


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。