昭和は遠くなりにけり【ROLEX】ロレックス サンダーバードRef.16263

今にして思えば、昭和という時代は私にとっては「色んな意味で『雑』さのある時代だった」と。

良いところも悪いところもあるんですけどね。
怖い先生とかは容赦なく悪ガキ張ったおしてたし。近所にすらそういうオジサンとかもいた。
そんな風景は今はもう、ない。

時は流れて「1%の緻密さと99%のどうしようもなさ」が混在している時代に変わったような気がする。
それは誰にも抗い難いことであったかもしれないが、時折「昭和の雑さ」が無性に恋しくなったりもする。
そんな懐古的な気分にサンダーバード。


なんか微妙に相場が上がっているような。。
欲しがる人と供給のバランスが変化してるんでしょうね。
しっかし落ちねえな。

特徴的なエンジンターンドべセルは、一つ二つ傷があったほうが「よい」。
コンビのジュビリーブレスは適度に薄汚れて黒ずんじゃったりしてるほうが。
そうであってこそ、心に響く雑さが再現できるような気もしたりするんですよ。

ROLEX サンダーバードの検索結果


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。