独自技術のパッケージング【OMEGA】シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック

マッシブ系のダイバーズウォッチ、という確実に一定層の支持基盤が見込めるマーケットにオメガが投入するプラネットオーシャン。今年のバーゼルでもいくつかのモデルが出てましたが、それから立て続けにさらに新モデルを投入。今度はセラミックケースが売り。

かっけえ。。だけではなく技術の塊感がすごい。
ベゼルのリキッドメタルにしろコーアクシャルにしろ。
マスタークロノメーターの特徴である15000ガウスの比類なき耐磁性。

こういう絶対に追いつけない技術を核にして競争力を高めていく戦略ですね。
ひょっとしたら今後のオメガの最大のセールスポイントって、この「無敵戦略」ということになるのかも。
機械式時計の好みには、必ず個人の思考が反映されるものなので。



posted by 綺羅 | Comment(0) | シーマスター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。