世界に通じる「和」【SEIKO】セイコー SBGR305

2017年バーゼルモデルで最も強い印象だったのがグランドセイコーの限定モデル、SBGR305。
SBGR305.jpg


「セイコースタイル」として認知されているグランドセイコーのデザインが、なんというか極まってる感がすごいです。
チタンモデルで9S68搭載の限定モデル。
世界展開されるんですけど、濃厚に「和の香り」が漂うっつーか。
「これを作ったのは日本人」って言うのがめちゃくちゃ納得できるというか。。

ロレックスとはまた違う方向性に結実した完璧主義の一つの形。
成程、世界から注目されるのもうなずけるレベルではあります。
posted by 綺羅 | Comment(0) | 激渋メーカーSEIKO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

千年堂

時計修理の千年堂