不朽の名作【JUNGHANS】ユンハンス マックス・ビル ウォッチ

60年代風、が静かに人気のようですので、やっぱハズセないマックス・ビル。。

「バウハウス最後の巨匠」として知られるデザイナーであり建築家であり彫刻家でもあったマックス・ビルさんが60年頃にユンハンスとコラボレートしてできた時計です。(壁掛け時計アワーマーカーも有名。)

maxbill.jpg手巻きハックなしの34ミリがオリジナルですが、最近38ミリの自動巻ってのも出てます。ドーム型風防にシンプルで美しい文字盤、このベージュベルトの他に黒もありますし、バーインデックスタイプの文字盤もあります。

昨今人気のシースルーバックではなく、マックス・ビルのサイン入り裏蓋、ノモスと好みが分かれるかも。。

手巻きモデルは値段が上がっちゃったので、これからなら自動巻もイイかもしれません。

ユンハンスは20世紀初頭には世界最大規模であったドイツの時計メーカー。最近では電波時計方面にチカラを入れてましたが、このマックス・ビルのエッセンスを活かしたクロノグラフ、クロノスコープなどの機械式新作も出しておりコチラも話題です。

○オリジナルにコダワル人→手巻き
○デザインが好きな人→自動巻
○シンプルクロノに共鳴した人→クロノスコープ

バリエーション化も順調デス。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。