時計雑誌はファッション雑誌になれるか?【Temps】No.6

高級時計がジュエリーの一つ、として認知されている以上ファッションアイテムとして扱われるのはマア当然なのですが。。

時計を中心に据えたファッション雑誌、というのは実に成立しにくいのかもしれません。
ほら、時計ファンっておたっきーですから。

この程発売された"Temps"(タン)の6号はその難題に果敢にチャレンジしてはりマス。

対象を30代に絞った新富裕層対象のマーケティング。

1〜4号までは別の出版社、5号はバーゼル特集ときて6号はクルマ記事の特集。
なかなか力作で、ドイツ製品の魅力のページはマイスター制度にまで踏み込んでマス。

「本物だけを愛するサクセスフルなオトコのライフスタイルを提唱する新感覚ウォッチマガジン」てな感じでしょうか。

まあ、コンセプトはともかく
○様々なジャンルを多岐に扱う
○彫り込んだ記事が多い
などの理由から、読者に与える影響って大きい雑誌にはなってマス。

変動の激しいYAHOO検索エンジン対策に悩むアフィリエイターの解決の糸口になったりして。。


タグ:temps
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。