最後のヴェールが脱げる刻【MAURICE LACROIX】モーリス・ラクロア メモワール1の全貌

モーリス・ラクロアの結論はクロノグラフのシンプル化なのか?

お騒がせ状態が続いていたメモワール1の全体イメージが公開されました。
allmemoire1.jpgこんな感じのご面相。
実は限られた人には既に上海で披露されてたんですが、一般にはごく最近の開帳デス。

クロノグラフモードと通常モードを切り替えられるため、インダイアルがない。。
極めてシンプルな外観となっています。

この機構により、モーリス・ラクロアはクロノグラフ特有のデザイン上の制約から解き放たれた最初のメーカー、という事になります。

近未来ウォッチ、というイメージなんですが案外クラッシック系に走って行ったりして。。

詳細は来年バーゼルにて発表される模様。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。