半世紀前の冒険家【ROLEX】エクスプローラーT Ref.6610

エクスプローラーTの初出は1953年ですから、既に半世紀以上。
初めから3&6&9のインデックスにリュウズガードなしのデザインだったわけで、この基本部分は変わる事がありません。

メカニズムの技術革新だけが続いている訳で。。

ref.6610.jpgその長い歴史の中でも、初の両方向巻き上げ式自動巻ムーブメント Cal.1030を搭載した Ref.6610は、その当時の革新性が伝わるアンティーク・エクスプローラーT(写真はアンティコルムより)
それ以前は、右方向に回転したときしか巻き上げなかった方式。
冒険、してマス。

漆黒のミラーダイアルに金色の夜光塗料。
うむー。ロレックスに外装の美しさを求めると前世紀半ばに集中してしまうのは筆者だけでしょうか?

たまーに市場に出没しますが、ハック機能付きとなったRef.1016の後期バージョンよりは安い模様。

どこに重きを置くか、はその人次第デス。。


「エクスプローラーT」の検索結果


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。