リシュモンはジュネーブシール萠え【Cartier】バロンブルー・フライングトゥールビヨン

カルティエが、ジュネーブシールムーブメントを出すという情報はSIHH開催前から流れており、その初號機が何になるのかは注目されていたのですが。。

案の定、というかバロンブルーでした。
Cartier_BallonBleu.jpgフライングトゥールビヨン搭載で18Kゴールド,46ミリ径の大型な時計デス。キャリッジにはしっかり"C"のイニシャルが自己主張。
文字盤インデックスはプリントローマンでもなければアップライドでもない3次元型。
ギョーシェ部分とコントラストを描く新しい試み。
独創的というかアクが強いというか。

Cartier_GenevaSeal.jpgコイツは搭載されるジュネーブシール搭載の9452MCムーブメント。やや右寄りにあるちっこいマークがジュネーブシール。

ジュネーブシールといえばパテックの十八番&ほぼ独占だったのが、
○パテックに次ぐジュネーブシール信奉のロジェ・デュブイに資本投入
クロノメーターロワイヤル1907※でグループ内のヴァシュロンにジュネーブシールムーブを復活させる
などリシュモングループの動きが活発デス。
で、ここにきてリシュモン本体のカルティエが動き出した、と。

最近、お抱え工房であったTHAをブシュロンに売却したあたりから、このジュネーブシール取得の青写真は完成していたのかもしれません。

狙いはパテック追撃なのか?そうなのか?

〔後日追記〕
このムーブのベースってやっぱロジェ・デュブイ製との事。
着々と何かが進行しておりマス。。
「バロンブルー」の検索結果


この記事へのコメント
ジュネーブシールをフリーパスで
取得できる唯一のブランドパテックが
ジュネーブシールから手を引いた
らしいですね。

高級化路線をひた走るカルティエと
対照的に自社企画に切り替え
コストパフォーマンスをさらに
良くすることが狙いなんでしょうかねぇ?
Posted by fukuda at 2008年04月21日 17:09
fukudaさん、コメントありがとうございます。

うーん、ジュネーブシールってのは現在ステイタスになりうるのかどうかが実に微妙なんでしょうね。

ただC.O.S.Cなんかもマーケティングに組み込まれちゃってますから、カルティエはその資本力で同じ様にしたいんじゃないかなあと。

カルティエの狙いはそう言う意味ではやっぱ鋭いと思いマス。
Posted by 綺羅 at 2008年04月22日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。