【ROLEX】デイトジャスト 高級実用時計としてのプロモーション

ROLEXのイメージは日本ではいささか誤解されているようなところもあるのですが。。。
「頑強」×「高級」=「最高」
という公式がメーカーとしては主張したいところではないのかなあ、と思いマス。。。

主力商品であるデイトジャストが登場するCMでそれはよくあらわれているかと。

まず、ゴルフ↓。


続いてテニス↓。


もういっちょ、テニス↓。

この↑ロジャー・フェデラーさんは数年前にモーリス・ラクロアと組んでいた記憶があります。
人気者はひっぱりだこデスね。

ああ、なるほどなあと思ったのが日本では馴染みの薄いこのジャンル↓。

別バージョンでもういっちょ↓。


他にもサブマリーナーやヨットマスターの関係でヨットレースのスポンサーもしてる模様デス。。

"A CROWN FOR EVERY ACHIEVEMENT"
「すべての達成のための王冠」とは秀逸なコピー。


Ref.116264【ROLEX】ロレックス ターノグラフ

2003年に生産中止となったサンダーバード(デイトジャストのRef.16264、他)の後継として2004年から発売されたのがターノグラフです。
人気のデザイン!

シックな黒文字盤に赤い秒針が鮮やかに映えます。(同リファレンスナンバーでブルーや白文字版もあります。)

写真ではわかりにくいのですが、デイトジャストの上位機種であるターノグラフにはコンビモデルしかありません。この機種はホワイトゴールド(ベゼル部分)とステンレススティールのコンビ。
双方向に回転するアラビア数字入りのベゼルが特有の雰囲気を醸し出しています。
スーツにもオフにも似合う守備範囲の広さが人気の秘密。

◎日付表示付き
COSC認定クロノメーター※
◎10気圧防水

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。