新コンセプトはデカ軽【BREITLING】ブライトリング アベンジャー ハリケーン

繊細さを持ち合わせつつも、やたらとイカツイ時計をつくるのがブライトリングが発する魅力なのかもしれないなあ、と。

最近よくウェブ広告で出てくるのが2016年バーゼルで発表されたアヴェンジャー ハリケーン。
なんと50mm径の大型クロノグラフ。


24時間表示のミリタリータイプでインハウスムーブメント。
しかし、最大の特徴はケース素材の軽さにあります。ブライトライトRっていうらしいんですが、チタンの3分の1くらいの重量。

威圧感が半端ないですが、モノ一つでこれだけの雰囲気を発する事ができるのはなかなか珍しい。
オラついてる人に良さそうではあります。
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

エッセンシャルな新機軸【BREITLING】スーパーオーシャンヘリテージ クロノワークス

ブライトリングが選んだ新たな時代への処方箋は他のメゾンとはいささか異なる模様、デス。



クロノワークス、はムーブメント部分に手を入れた特別製のモデル。あくまでも既存のラインナップの中から対象を抽出するのがミソ。
ご覧のように第一弾は、スーパーオーシャンヘリテージ。

ムーブメントB01の
○メインプレートおよびブリッジをセラミック製に
○2番・3番・4番歯車と脱進機をシリコン製に
○テンプの形状と材質を見直し
○垂直クラッチ機構の改良
などでパフォーマンスを大きく上げた新モデル。

ゼンマイを変更することでパワーリザーブも100時間と長くなっています。

真っ黒なブライトリングってアベンジャーとかにもありましたけど、マッシブ感もりもりで人気ありますしね。

世界限定100本の高額モデルですが、なんといってもこれってブライトリングのメゾンとしての蓄積が大きく高まる一石二鳥的な方向性でもあるわけで。
肝心な頭脳部分に集中、ということのようデス。
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

唐突に帰還【BREITLING】ブライトリング トランスオーシャンクロノグラフ ユニタイム

いつの時代にも景気の良い人というのはいるもので、そこに的を絞ったかのような「各国飛び回る人」用の時計がアツいようです。

これも1950年代復刻、になるブライトリングのワールドタイム=ユニタイム。
Transocean-Chronograph-Unitime.jpg


ピンクゴールドもあるんですが、この配色が妙にカッコ良かった。
わざわざB01キャリバー改造のB05新開発というのは異様に気合い入ってますね。
セミパーペチュアルが1モデルの為にだけあったり、と時々ブライトリングはこういう毛色の変わったのを発作的に投入する伝統みたいなのがあるような。

実用性本意のワールドタイムですが、確かにつけてると「ただ者でない感」はパネェもんがあります。
久々に日本に還ってきて、ピンクブロンドの細君を両親に紹介する、とかしてしまう度量のある男性に似合いそうな2012年バーゼルモデルです。

もっと見る→ブライトリング
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

屈指の衝撃度【BREITLING】ブライトリング 新スカイレーサー

クラッシックな回転計算尺や、モダンなダイバーズなどシリーズによってデザインの手法を変えてくるブライトリング。

新作が何点か入荷して来てますが、その中でも一際目を引いてしまうのが新しくなったスカイレーサーです。



いやあ、ガツンとくるのは久々にみた気がする。。
そもそも中央に60分積算計をもちながら、9時位置にも同軸積算計をもつ視認性に優れたクロノグラフ。構造が唯一無二のユニークさで知られたんですが。。

新作はベゼルとベルトをラバーにした異素材融合風味。「なんですか、これは。。」的な絶句を伴う仕上がりです。

もともとマニアックな市場ともいえる機械式時計だからこそ成立するような出で立ち。
誰も知らない密かな傑作になるかも。(ウェヒヒヒ。)

スカイレーサー ブライトリング
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

前世であったような。。【BREITLING】ブライトリング トランスオーシャンクロノグラフ

既視感の構築ーいつだったのか観た記憶がある。。という演出は、広告過多の時代にまことに効果的な商品開発だと思うのだが。。

欠点もありマス。それは「狙ってできるもんじゃない」ってこと。
偶然の産物である事の方が多いでしょうね。

お家芸であり、ナビタイマーやモンブリランのデザインコードである回転計算尺を外す事により、デジャヴュ感マックス仕上がったのがコチラ。


【新品】【ブライトリング】【トランスオーシャン クロノグラフ】【自動巻き】【時計】【腕時計...

多分ブライトリングが積み上げてきたものをカタチにした時、多くの人の無意識と重なり合うところに結実したんじゃないか、と思います。
限定はちょっともったいない気もしますが。

自社ムーブメント搭載機にしてはいい感じの価格帯。

山ほどある新入荷でも一際記憶に働きかける、魔球的な一本。

もっと見る→トランスオーシャン
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

エキスを濃縮してみた【Breitling】ブライトリング モンブリラン キャリバー01

前世紀半ばそれも1940年代といえば、クロノグラフは「戦術上の影響を及ぼす」意味合いが色濃かった頃であり、これはこの頃のクロノグラフとはノスタルジックな鑑賞というより、もっとミリタリー色の強い代物である事を意味する。(ただし当時の金無垢パテックとかは別にして)

もっとひりつくような、あえていえば「死線」の薫りが漂うものだというのが個人的解釈。
そんな失われた記憶を呼び覚ます時計って今の平和な時代にはなあ。。と思っていたら。。

montbrillant-01.jpgほむぅ。。
アラビアインデックスのモンブリラン、か。。

その当時を意識して作られたデザイン。勿論中身はキャリバー01。
クロノグラフ針が赤い限定モデル。

日本に入荷するかどうかはちょっと分かんないんですが実はこの限定にはぽこぽこ穴の開いたあのエアレーサーブレスレット仕様が存在します。

ちょっと大きくなって40ミリ径になっちゃったんですが(つまりデイトナと同サイズ)それでもこのアラビア数字がぐるりに回転計算尺、はかなりのインパクト。

時々遠い目をして戦場を思い浮かべてしまう癖のある人は誠にツボにハマりそうな、ミリタリー、ではすまなさそうな2011年バーゼル発表モデル、デス。。

「今度こそ、決着をつけてやるっっ!」

モンブリラン
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

極地戦用のこっそりモデル【BREITLING】ブライトリング クロノ ギャラクティック

2010年に本当にひっそりと新発売されたのがクロノ ギャラクティック。
クロノマット01(旧名クロノマットB01)の主軸化にともない、消滅の流れにあるクロノマット(旧名クロノマットエボリューション)のやや小型化版、という特殊な立ち位置。


ブライトリング【宝石広場】【新品】【NEW】ブライトリング クロノ ギャラクティック A154A96P...

これはアイボリーのローマンインデックス。
ベゼルの辺りはクロノマット01のデザインを踏襲しています。
39ミリ系と、ウィンドライダーにしてはやや小さめな設定が日本人向けだったり。。

これの他にもブラックのバーインデックスもあり、これも印象に残りやすい。

ちょっとインコースにじわじわくるスローカーブのようなヒネった決め玉、かもデス。。

他のモデルも見る→クロノ ギャラクティック
posted by 綺羅 | Comment(0) | 【Breitling】総合

千年堂

時計修理の千年堂