恋は欲張りだっねー【WEMPE】ヴェンペ 日本上陸

ヨーロッパの厳格さと陰鬱さ、そして深い闇を想起させる国=ドイツ。
そしてドイツ時計こそ至高、という主張の方が決して無視できないのがWEMPE。時折高級メゾンとダブルネームをつくるドイツの時計店であり、ドイツクロノメーターの立役者であります。

このほどめでたく自社ムーブメント搭載シリーズ、クロノメーターヴェルケを含む数点が日本に上陸。
ひっそりと待ちわびていた人もこの国に数人いるに違いない。(確信)

銀座シェルマンさんのWEMPEページ

チラねじ付のスワンネック緩急針、4分の3プレートにゴールドシャトンまで搭載してるのがほしいのだが、ちょっと既存のブランドだと手が出ないんだよね。。っていうお悩みのある方はまず問い合わせてみるとテンションあがると思います。

そういや「精神現象学序論」なんていうタイトルの本が今の時代に出版されたら、「こいつwテラ中二wwwワロスw」で終わってしまうんだろうなあ。

爆弾の降る島で【Tutima】チュチマ グランドクラッシック パワーリザーブクロノグラフ

グラスヒュッテに連なるメーカーでありながら、あまりにもミリタリー要素が強くニッチのかほり濃厚なチュチマ。でもツボって人もいたりするわけで。

tutima-grand.jpgコチラは赤い文字盤の限定グランドクラッシッククロノグラフパワーリザーブ。
おおよそ華麗とか洒脱とかいった風情とは対極にあるコブラ針のコインエッジベゼル。
局地戦、それも南国の無人島で爆弾を投げあうシチュエーションにしかしっくりこなさそうな非常事態宣言。

しかし、ファッションとはおおよそそれを意識しないところにのみ真髄がある、とかいう境地の人にはあえてのチョイスになるやもしれません。
この限定カラーが日本にくるかどうかは微妙ですが。。

もっと見る→チュチマ

10時に始まる攻略会議【MONDAINE】モンディーン

私事ながら筆者は現在ゲームというものを嗜まない。理由は「現実社会はゲームに似ていると普段からよく思う」のと「アニオタなのでゲームにまで手を出すとほぼ確実に廃人乙まっしぐら」の二つ。

ただゲーム好きの人に話を聞くと、集団での攻略戦とかは朝10時頃からよく始まるらしい。
多くの腕時計の写真は10時10分位の時間を指してるものだが朝10時っていうと不思議とコレを思い出すんだよね。


スイスの国鉄時計モンディーンのこれは限定手巻きモデル。
見てのとおり鮮烈さ、という事においてはなかなか独自領域に達した完成度。
何故か確かにヨーロッパの匂いがするところが不思議っぽくもあります。
くどく繰り返しますが手巻きムーブメントは限定モデル、になります。

そういえば第一層ラスボス攻略会議も10時からの設定だったよな。。

もっと見る→モンディーン

いつか約束の空 グラスヒュッテ・オリジナル セネタ ナビゲーター

発売中のChronos (クロノス) 日本版 2012年 07月号 [雑誌]の特集にパイロットウォッチがあったので、ふとしげしげと読みふけってみる。。

このジャンルは妙にある種の趣味の人間の興味を激しく掻き立てるんですよね。

1930〜40年代が全盛期なので、正に連合軍第501統合戦闘航空団が伝説的な活躍をみせている最中のデザインワーク。
IWCが独壇場ではありますが、ディスコンティニューとなったモデルにグラスヒュッテ・オリジナルのセネタ・ナビゲーターがあります。


最外周に分のインデックスはIWCでは最近のトップガン・ミラマーからの採用ですが、このスタイルの人気は根強い。やっぱ一番理にかなってるし。
テンプを止めない秒針ゼロリセット機構付きのマニュファクチュールムーブメント搭載。

共にグラスヒュッテを名乗るライバル=ランゲ&ゾーネからは絶対に出てこないであろうミリタリーテイスト。
グラスヒュッテ、という言葉に反応してしまう人にとっては後々、異色作と評されそうデス。

もっと見る→グラスヒュッテオリジナル

エレメントの融合【Van Cleef & Arpel's】ヴァンクリーフ&アーペル ポエティック・ウィッシュ

ポエティック(=詩的)・コンプリケーションを標榜するヴァンクリーフ&アーペルが2012年SIHHに発表したのがミニッツリピーター搭載のポエティックウィッシュ。

多くの高級時計メゾンがスペック重視や新機構開発に執念を燃やす中、「右脳直撃型」のラインナップ拡充を目指すところがグランサンクの発想らしい。


ハイエンドシリーズらしくユニークなゴングの形状や新規にコンスタンスフォース・エスケープメントを搭載しているのでメカ的な面白さも詰まってるんですが、なんといってもこの詩的にまとめあげる技量はもはや追随を許さないものとなってますね。
ここにしかできない「アメイジング」を提供しているところが。

ダイヤモンドセッティングとかオートマタとか、培ってきた技術が根幹にあったりもするんですが、これらをひとつに統合する手腕はもはや禁じられた合体レベル。

異種の技術の組み合わせによって、「壁」を突破する。。
とてつもなく大事な事を教えてくれているようなないような。。

もっと見る→ヴァンクリーフ&アーペル

困った。。HENTAI=変態ウォッチ【Perrelet】ペルレ

MOE=萌えよりも先にHENTAI=変態の方が一般的な単語として世界に定着するのは困ったもんなんですが。。
できてしまった変態ウォッチ限定(キリッ)。ペルレのタービンウォッチの特殊バージョンとしてこっそりと登場。

hentai.jpg

正確には「ペルレ タービン ヘンタイ エロティック リミテッド ウォッチ」ww
この手のエロティックウォッチはかなり古くからオートマタの組み合わせとかであったりするんですが、正面切ってHENTAIって作られると。。「ジャパニーズ・アニメ・スタイル」と言ってますし。それとも二つ名が変態っていうことなのか。。

絵柄は4種類でケースはDLC加工もしくはチタニウムむき出しの二種類で計8種類展開。

それなりに本気だからちょっと戸惑うんですが正直最萌(←筆者の推しは釘宮病最高傑作と信じて止まない2011年度リーグ第五位のキャラ、異論は認める)くらいに落ち着いてほしかったのは自分だけではないと思います、ハイ。

Perrelet
タグ:ペルレ

求められている一言は【CHOPARD】ショパール L.U.C XPS

現在、機械式時計に求められているのは何か?市場の声なき声は何を求めているのか?つらつら考えてみるに。。

「超COOLだよ!あんたぁ!!」←この一言が言われたいんじゃないかな、と。

クラッシックであろうとアヴァンギャルドであろうと。
ハイエンドであろうとローエンドであろうと。

クール、という価値観が美醜を超えるほど勢力を伸ばしてるんじゃないかな、と。
わりとジュエラーの方がそういった変化に敏感であるように思うんですよね。

chopard-luc-xps-watch.jpg


一見何の変哲もない三針のL.U.C XPSの新たなバージョン。
クロノグラフの新作も出て来てるんですが、そういう目線で見るとこのモデルのインパクトの方が一歩抜きん出ている、ように思えます。

ダブルバレルで65時間のパワーリザーブ。ショパール謹製のマニュファクチュールムーブメントを積むホワイトゴールドモデル。
アンダー40ミリの薄型自動巻。

見れば見るほど、おっけぇだよぉ!

CHOPARD LUC
タグ:ショパール

千年堂

時計修理の千年堂