116500LN、入荷開始

バーゼル新作モデルのセラミックベゼルのデイトナ新作ですが7月から入荷がはじまってます。
まあまだちょっと高めの値段ですけど。



2016年7月時点ではホワイトゴールドモデル並みのお値段。
多少値段が落ちても比較的高値で推移しそうでもあります。

セラミックなタキメーターってホントに現行デイトナの文字盤にはしっくりぴったり感が半端ない事はこれまでのゴールドモデルでも実証されてたことでもありますので、SS版の登場は予期されていたことではありましたが比較的好評な模様。

ロレックスとしても新規顧客を獲得する良いモデルを投入できたんじゃないでしょうか?
こちらはムーブメント改良ではなく独自のベゼルの注力、ですけど。
GMTマスターシリーズでもかなり新シリーズ開発に貢献度高いですよね。

ある意味では省エネ戦略と言えますが、応用できるモデルの種類が多いというのがロレックスにとっては独自の強みとなっている模様、デス。


posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ

プラチナ製ロレックスの検索ワード

ちょっと前に今をときめくYouTuber、ヒカキンさんの腕時計が700万円というのが話題になっていて
「まあ、その金額ならプラチナのデイトナだろうなあ。。」
と思ってたら案の定だった。

機械式時計の相場に馴染みの無い層の人には
「なんという無駄遣い。。」
としか思われないのでしょうが、なんのなんの
モデルとタイミングによっては「買った時よりも高く売れる事もある」世界であることも考え合わせると
鉄板的なチョイスともいえる訳でして。さすがやなあ、と。

で、資産価値の最も高いプラチナ製ロレックスの他のモデルとかどーなってんだろ?
と「プラチナ ロレックス」で検索するとやたらと出てくるのはヨットマスターロレジウム。。
いや無垢のが知りたいのだが。

やっぱりこういうのキーワードは「ロレックス アイスブルー」。
プラチナ製無垢にしか採用されない文字盤カラー。



まあ、ひと財産っすわ。

posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ

セラミックベゼルのSSデイトナ【ROLEX】

2016年バーゼルで発表されたセラミックベゼルのSSデイトナ。

(結構、大音量につき注意)


白ダイヤル推し、なのはセラミックベゼルが映えるのはこっちという判断からでしょうね。
ま、黒もあります。

しっかし、セラクロムベゼルでずっとバーゼルを乗り切ってる印象がここんとこ強いですね、ロレックス。
デイトナについてはエヴァーローズゴールドとセラミックタキメーターベゼルがインパクトありましたが、SSモデルまで降りてきたっていう感じ。

考えてみれば、膨大なコストを要する新ムーブメント開発とか一か八かの新デザイン勝負、とかにうって出るよりは「既存技術の掛け合わせ」の方が商売としては堅いっていう判断なんでしょう。
実際、ぐっと高級感は出てますし。

「勝ちに行く」のではなく「負けない勝負をやる」。
それもまた、ビジネスの一つの選択の一つ。
教える気がなくとも教えてしまうのが、王者の風格。
posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ

2011年で最も印象に残ったのは。。

回を重ねて勝手に決めてる第五回機械式BLOG大賞ですが。。

ぶっちゃけ、閉塞感の色濃かった年だったんじゃないかな、と。
出口を求めて彷徨う各メーカーの模索が見え隠れしたような気がします。

そんな中で、圧倒的に強みを活かしきったのはコレ。



やっぱセラミックベゼルデイトナ。Cal.4130ももうすぐ12年の現役ムーブメントですが、それとは別の方向で独自素材とセラミックとの融合で目新しく斬新なかっこよさを示したのは大きい。
ムーブメント開発競争だけが強さを決定する要因ではない、という強烈なメッセージを残したと思います。
ユニーク性の勝利ですね。

もっと詳しく→Ref.116515LN
タグ:ロレックス
posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ

慢心に浸るためのクロノグラフ【ROLEX】ロレックス Ref.116515LN

今年のロレックス新作のもう一つの話題作=Ref.116515LN、セラミックベゼルデイトナですが、さすがに高級モデルだけあって入荷数も少なく「入っては飛び立ち」という状態が続いています。

by カエレバ


コレ書いてる時点で楽天に一本あるのみ。
(後日追記 だいぶ入荷してきましたよ。)
さすがに他のほとんどを「雑種」と言いだしかねない雰囲気満載。
既に10年以上成熟してきたムーブメントに、独自のセラクロム+これまた独自のエヴァーローズゴールドというケース素材。
後々、ブレスまでフルゴールドモデルも出てくるんでしょうが、それを勘案してもこのストラップモデルのカッコ良さはちょっとチートに近いものがある。。

退屈する事を何より嫌う愉悦追求にブレない人のための勝利宣言クロノ、デス。
タグ:ロレックス
posted by 綺羅 | Comment(2) | デイトナ

青いルーレット【ROLEX】デイトナ Ref.116523

限りなく定価に近づいてきたデイトナ。。
現行モデルで最も安いのがYG/SSコンビの116523であることは変わりありません。

テコ入れ、というわけでもないのでしょうが、2008年に発表され最近ぽつぽつみるのが大きなアラビア数字=ルーレットのコンビモデル。

白文字盤に黒いインダイアル+赤の差し色が多いんですが、ネイビーもなかなか独特。


ロレックス コスモグラフ デイトナ / Ref.116523 【新品】【送料無料】

本家ルーレットとも言える116509の雰囲気にぐっと迫ります。
ちょっとごてごてしてるのが、むしろ特有でよいかも。

いまやデイトジャストと同じくらいデザインバリエーションの多いシリーズとなったデイトナだけに個性の際立つセレクトも可能になってきた様デス。
タグ:ロレックス
posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ

やればできる子だから。。【ROLEX】ロレックス デイトナ Ref.116523 BK

デイトナ、と一口に申しましても素材、ムーブメント、年代、デザインによって好みは様々。。

そんな中どーも分が悪いSS×YGコンビのデイトナは貴金属仕様でありながらSSモデルよりもなぜか安くなる現象がつづいております。

でも結構狙い目モデルもあるんだよね。
アラビア数字とかブラックシェルとか変わったのが。。



こいつはコンビデイトナの中でも最変種といえる「黒インダイアルに赤クロノ針」。。
まあ滅多にお目にかかれませんが。
なんかロレックスがたまたま気まぐれで作ってみました、的な雰囲気が漂っております。

でも、でもですよ。
赤サブとかブラックアウトだって多分そんなカンジだったんじゃないのかなあ。。と。

高級モデルにしか採用されてない赤いクロノ針はSSオンリーのモデルにはない訳でして。
変化球投手みたいですね、ロレ。。

「Ref.116523 BK」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | デイトナ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。