価格破壊のラグジュアリー【GUESS】ゲス SE-1 オートマティック

無粋な事に筆者は「ゲス」っていわれても、ジーンズで有名なファッションブランドであることを知りませんでした。。

1981年にフランス生まれのポール・マリシアーノさんと兄モーリスさんがアメリカで立ち上げたブランドだそうです。

guess.jpgゲスウォッチはゲスの1997年から始まった時計ブランド。創業10年にして初めての機械式だそうです。

実はタイムゾーンのバーゼルフォーラムには4月に情報がアップされてましたから、こんなのあるんだなあ位にしか思ってなかったのデスが。。


ぱっと見、ゴージャスなピンクゴールドとシルバーのコンビ。。
ベゼルにビス留めのアクセント。

こんな作りなら100万円位するだろー、と思っていたらなんとお値段11万5500円!

ちなみにムーブメントはETA2824で、44ミリ径デス。

全世界500本限定であと二種類デザイン違いがあるようで。。

単なるファッションアイテム、と割り切れる方には実に魅力的かつ合理的なブランドデスな。

banner_03.gif


【GUCCI】機械式にもっと深く!の願い

2007年バーゼル速報のメジャーな海外サイトには出てこないのですが、実はグッチも機械式を出してたりしマス。。

pantheona.jpgこれは、そのウチの一つ”パンテオン オートマティック”。ムーブメントはETAとしか公表していませんが、おそらく2824-2ではないかと思われます。。と、いうのも2006年に一機種だけ出した機械式がこのムーブメントだったので。実売10万円位でほんの少し入荷して、ドロップシッピング市場にも投入されました。(ドウシシャさん経由ですね)あんまり市場の支持は得られなかったようですが。。これはそのモデルの2007年版と考えるのが妥当ではないか、と。

pantheona2.jpgさてコチラ←は同シリーズのクロノグラフ。
まあ、バルジュー7750搭載でしょう。去年はラインナップされなかった機械式クロノグラフが今年はエントリーということで、一歩前進といったところでしょうか。トノー型ケースに四角いプッシャー。モーリスラクロアのポントスクロノグラフあたりのライバル商品と成り得そうな雰囲気です。もっとミーハー寄りではありますが。。


さてこの2機種とも2006年からグッチの統括クリエイティブディレクターとなった、フリーダ・ジャンニーニ女史の手によるもの。
ローマ出身のこんな美人デス

メンズウォッチのデザインとしては、どうしてもディオール/シフルルージュ※のデザイナー、エディ・スリマンと比較されてしまいちょっと不利かも。(アチラはホラ、ムーブメントに凝れますから)

かく成る上は、同じ土俵で勝負せず機械式好きっ子たちのミニマムな萌えデザインポイントをその卓越したセンスで看破し、心臓直撃型のファイナルブローを編み出していただきたいものデス。

【Dior】ディオール シフル・ルージュ ブラックタイム 続報

依然、品薄が続くシフル・ルージュ/ブラックタイムですが、どうやら「一本」入荷した模様です。(現在、2007年1月23日)
ヒント:Googleにて「シフルルージュ」で検索→上から4番目のサイト(検索順位は3位)で確認できマスよ。

誰かこの人にも教えてあげてください。

[2007年1月24日:追記]
現在、二つのショップから出てます。
品薄傾向は続きそうですが、若干緩和されるかも。。

【Dior】ディオール シフル・ルージュ A05(ブラックタイム)

ファッションブランドものなんですが、圧倒的な人気でなかなか手に入らない自動巻き、それがシフル・ルージュのブラックタイム。

dior.jpg

うーむ。文句無くカッコいい。。。
これはデザイン力押し切り型かと思いきや、クロノメーター認定※だったりします。(ベースはETA2894)

左右非対称のケースにTEXIN985Uという凝ったラバー素材(ポルシェにも使われるそうな)のベルト。

エディ・スリマンさんという人がデザインしているそうですが、私のような民間人は一撃でやられてしまう破壊力ありです。

人気あり過ぎでどこにもないそうで、チト安心。

ただその気になれば同じヴィトングループのゼニス、エル・プリメロを積めるところがココのホントにこわーいところだったりします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。