ロレックスの乗馬イベント【ROLEX】その名はケンタッキー 3 デイズ

ロレックスの海外CMでは比較的良く出てくる『乗馬』。

ご多分にもれず、やはりイベントやってマシタ。。
ケンタッキー スリー デイズというそうです。クロスカントリー形式だとか競技場で行われるのとかあるみたいで。

こちら↓は"Teddy"とかスーパーポニーとか呼ばれているセオドア・オコーナー君(馬の名前デス)と1958年生まれの大ベテラン、カレン・オコーナーさん(女性デス)の華麗なライディング。



集中力を要する競技のようで、真っ最中は静まりかえってますが競技が終わった瞬間嵐の様な大喝采!

あ、確かにロレックスの看板映ってましたね。
タグ:ROLEX
posted by 綺羅 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ROLEX】総合

ロレックスCM、マスターズとパロディ【ROLEX】

時計メーカーの生命線は「商品開発」と「広告戦略」。。
ロレックスの長期にわたる成功の要因が、この2つの分野で『共に』秀でた業績をかたち造ったから、であることはほぼ疑う余地がないと思われマス。

ロレックスがオフィシャルスポンサーであるテニスのウィンブルドンがテニスの世界で頂点であるならば、ゴルフ界の頂点とはマスターズ。

非商業主義の色合い強いマスターズですが、ロレックスは2007年のマスターズ用アドもつくってたりします。



押さえるべき所は着実に押さえてくる。。
ちなみに、ロレックスの海外デイトジャストCMの過去記事はコチラ※

これだけメジャーどころに噛んでくると海外じゃ目にする機会の多いCMなんじゃないかなあ、なんて思っていたら。。
なんとこのCMを題材にしたパロディ版↓を発見しまシタ。

ぎゃはははは!
元ネタわかってないと面白くもなんともないのですが、手間暇かけて創られたこのパロディには爆笑しましたヨ。
"PRECISION(正確)"でスコープを合わせる演出が"GREAT JOB!!!"
でありマス。

タグ:ロレックス
posted by 綺羅 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ROLEX】総合

オイスターケース製造の模様【ROLEX】ロレックス

ロレックスがオイスターケースに採用するステンレス・スチールは904Lスチール、というんだそうな。。

ふむー。ニッチキーワードの予感。。

と、思ったらちゃんとオフィシャルウェブサイトにはありましたヨ。
【引用開始】
ロレックスの妥協なき最高基準をクリアできるのは、丈夫で耐食性に優れたステンレススチール合金だけです。したがって、ロレックスでは、ユニークな構造の 904Lスチールを使用しています。このスチールは、非常に高い山頂から海底まで極めて過酷な環境にも耐えることができます。また、完璧に研磨することにより、オイスターの美しさが生まれています。
【引用終了】
参照元はコチラ

で、この製造過程のオートメーションはコチラ↓で見れマス。。


さすがに、ブロックから打ち出して、研磨までフルにロボット君大活躍の模様。
きっちり最後に人の目でチェックが入ってマス。
posted by 綺羅 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ROLEX】総合

FOR エアキング大好き人間【ROLEX】ロレックス Ref.5700 エアキング・デイト

めでたくクロノメーターとなり、上陸を果たしたエアキング・シリーズ。
デザインにもよりますが、価格も入門用ロレックスとしての30万円代からあるのはファンには喜ばしい限り。。

5700.jpg
さてコレ←は、エアキング好きのためのコレクターズアイテムである、エアキング・デイト!(画像のオリジナルポストはアンティコルム

見ての通り、デイト付きのエアキングってそのまま。。
デイトジャストとどう違うねん!と突っ込まれると「エアキング銘であることに価値がある!」と切り返すことが可能なニッチ・ロレックスでありマス。

アンティークに属しますが、まだそんなに高騰しておらず時々日本のショップにも入ってマス。

現行ロレックス最古のペットネームである"Air-King"という呪文にかかっちゃった方には、この上なく魅力的に映ることでしょう。。

posted by 綺羅 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ROLEX】総合

レディスのプロモーション【ROLEX】ロレックス デイトジャスト パールマスター

武骨、実用時計の権化とも言えるロレックスですが、レディースともなれば話は変わりマス。

こちら↓は、デイトジャストのレディース。



おんなじ文字盤デザインなんですけどねえ。メンズはむしろ野暮ったい方なんですがなぜかエレガンスに見える不思議。。

そういえば、ピンクゴールドコンビとかのデイトジャストなんかもあるんですが、不覚にも「かわいぃ♪」とか思っちゃうんですよね。

ちなみにオイスター・パーペチュアル・デイトジャストにはパールマスター、なんてバリエーションもあります。



ひょっとして、デザインとして完成されてるのはむしろレディースの方なのか?
人によってはムーブメントもそう、という意見もあり。。
posted by 綺羅 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【ROLEX】総合

ウィンブルドンの結果【ROLEX】ロレックス

アメリカズ・カップ気を取られてつい、追いかけるのを忘れていたウィンブルドン。スポンサーの一つがロレックス。ボルグの時代から30年以上この関係は続いているそうな。。

今年版のプロモーションがコレ↓。


今年も男子シングルスはロジャー・フェデラーさんが勝って5連覇だそうデス。

テニスに乗馬にヨットにカーレース、とおよそ貴族道楽に必ず顔を出すマメさがすごい!
この努力の継続性が、むしろ野暮ったささえ感じるロレックスの位置をぐーんと引き上げていることは明らかデス。。
商品の価値とマーケティングは不二のモノ。

生産中止か?Ref.16710【ROLEX】ロレックス GMTマスタ−U

せっせとGMTマスタ−UのRSS情報を収集する筆者の目にある時計屋さんのブログ記事が目にとまりマシタ。。

どうやら、Cal.3185のGMTマスターUは生産中止になる模様。

これにより、赤/青、赤/黒の二色ベゼルは市場から姿を消す可能性あり、との事。
現在、新型Ref.116710LNは黒一色ベゼルだけですからね。
今後、Ref.116710のリファレンスがどのような展開をしていくのかによって状況は変わってくんでしょうが。。

しっかし、自社製ヒゲゼンマイ採用のCal.3186搭載モデルって高いんですよねえ。
Cal.3185搭載モデルの市場価格がこれ
に対して
Cal.3186搭載モデルの市場価格がこれ

まあ、新型は安ければ80万円代でてる事もあるんですがそれでもまあ2倍はしますから。。

今後、二色ベゼルが完全になくなっちゃって、希少価値(うーん、蠱惑的な響きだ)を伴うまでになるとするなら。。

妄想がとまりまセン。。

千年堂

時計修理の千年堂