遂に登場!【ROLEX】ロレックス ヨットマスタ−U プロモーション動画

いつの間にかできてまシタ。。
ヨットマスターUのプロモーション。。
なかなか壮大な雰囲気デスよ



最近のロレックスのプロモーションはちょこっとCGグラフィックを入れるのがお気にの様でして、上のヨットマスターUはこの↓現行オイスター・パーペチュアルが次々現れるプロモーションとつなげてみるとスムーズです。



ついで、といってはナンですがこれのデイトジャストバージョンが↓コレ。



実用性を前に出すメーカーだけあって頑丈そうに見えても、決してデザインワークに秀でている訳でもないと思うんですが、このイメージ訴求力の巧みさがロレックスを特別な位置に押し上げてるんでしょうね。

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

劇的優勝艇決定!勝ったのはオーデマ・ピゲ!じゃなくってチーム・アリンギ!!

ヨットマスターUカテで色々第32回アメリカズカップのコトを書いたので、その結果を。。

いやー、とんでもないレース展開になったようでして。
ファイナルはスイスのアリンギとニュージーランドです。
メカ時計好きにとってはオーデマ・ピゲ対オメガって訳ですね。
アナウンサーの方、血管3本は切れただろう、というぐらい絶叫しますので、↓再生の時は音量を小さめに。



それもそのはずで、その差はナンと1秒!
詳しくはココが参考になります。

いやー、アツいわ。

さて、ヨットマスターUのファーストロットもなんとかこの一大イベントには間に合ったようですね。オーナーの方にとっては確かにプログラマブル・カウントダウンを駆使しがいのあるシーン続出だったのではないでしょうか。

しかし、この優勝によって、アリンギ・ポラリス※も売れるだろうなあ。。

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

早くも上陸!に想ふ【ROLEX】ロレックス ヨットマスターU

本日(2007年6月15日)あたりから早くも上陸するようですね、ヨットマスターU。。
7月くらいからかなあ、と思っていたんですが。。

ホワイト、イエローゴールド採用のラグジュアリー路線ながら、シンクロナイズド機構により秒単位までカウントダウンを追い込める実用性を「単なるファッション」にできるのかなあ、などと思いマス。。

確かに、フライバック+カウントダウン+クロノグラフってのはルイ・ヴィトンのタンブール・レガッタにもあるのですがCal.4160が搭載してるのは、もっぱらスタート形式に合わせられるタイマー設定可能な「カウントダウン」のためだけのフライバック。。

いうなれば「無さそうで無かった」ような特化型用途の機能。

願わくば、せめて「ほんとのヨット乗り」とか「熱狂的なヨットレース好き」の方の手首に収まって欲しいものデス。。

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

ヨットマスターUの値段は噂どおり。。【ROLEX】+新GMTマスターUの予価も

ヨットマスターU、セラミックベゼルの新GMTマスターUことRef.116710LNの予価もマンスリー・エム※に掲載されてました。

◎ヨットマスターU→「予価¥3,600,000 今夏発売予定」
◎新GMTマスターU→「予価¥720,000 今夏発売予定」

実はヨットマスターUは3万ドル、という情報は英語圏掲示板には4月からあった情報だったのですが1ドル=120円換算でそのまんまって感じですね。

新GMTマスターUの値段設定はかなり高めな気もしますが、現在は「その時々の実売価格」で動いているのがロレックスですから、まあ参考程度ということで。

あ、それから以前に書いたクロノメーターのエアキング※ですが2007年5月現在限られた店舗ですでに入荷しているようですね。

banner_03.gif

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

ロレックス公式スポンサーのヨットレース

ロレックス社がスポンサーするレースにデイトナサーキットでの耐久カーレース※があることは既出デスが、ヨットマスターU発表とともに調べていくと公式にスポンサーを務めるヨットレースはオーストラリアで開催されてました。
マア、もともとヨットマスターもあったことですし。。。

その名もROLEX Sydney Hobart Yacht Race!デス

うむー。コレ↑見る限りかなりの長距離レースですな。
アメリカズカップとは随分趣きが異なるような。。

で、実際どんな様子になっちょるかというと、こんな↓具合。。



い、命がけジャないですか。。
セレブなスポーツ、というイメージがあるのですがかなりの”熱狂”を伴うフィールドなんですね。。

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

ヨットレースと時計業界に関する蘊蓄【ROLEX】ヨットマスターU

なぜ、ロレックスが2007年バーゼルにてヨットマスターUを発表したのか?を追求していくと、時計業界とアメリカズカップ(もしくはアメリカスカップ)の蜜月関係が判明してきまシタヨ。。。

○この世界最大のヨットレースは毎年開かれるものではなく前回は2003年開催であった。既出のとおりこの時の優勝艇はスイスのチーム・アリンギ※(←オーデマ・ピゲ)。

○前哨戦はルイ・ヴィトンカップ。。。ルイ・ヴィトンはこれにちなんでタンブールクロノ ルイヴィトンカップ レガッタというカウントダウン付きクロノグラフあり。

○ディフェンディング・チャンピオンであるチーム・アリンギには11のチームがマッチ・レースで挑む。
いくつかのチームには時計メーカーのスポンサーがついている。
現在判明しているのは以下のとおり。。

チャイナ・チーム※(←タグ・ホイヤー)

ルナ・ロッサ チャレンジ※(←ウブロ)イタリアデス。。

●オメガはEmirates Team New Zealandというニュージーランドのチームを応援。オメガ公式サイトの記事はコチラ
そういえばオメガは、NZL32以外にもシーマスターのクロノに”アメリカズカップ”モデルもつくってました。。

●アメリカのチーム、BMW Oracle Racingを応援しているマニュファクチュールはコチラ。TVコマーシャルまであったりと、かなり力いれてマスヨ。。

うむー。まるでメーカーの代理戦争みたいですな。。
第32回アメリカズカップは、今年開催デス。。

banner_03.gif

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(0) | ヨットマスター2

スタート10分前の駆け引き【ROLEX】ヨットマスターU

ヨットマスターUの詳細を聞くに及んで「そもそも何故、10分間のカウントダウン機能がそこまで必要とされるのか?」という疑問が日増しに強くなってきましタヨ。。

ヨットに詳しくない筆者は「そうした機能を持つ時計があるのはわかっていても、ロレックスほどのメーカーがムーブメントを新開発するほどの」ニーズとは何か、が知りたくなりました。

基礎知識として知っておかなければならないのは、ヨットマスターUのモチーフとなっているであろうアメリカズカップなどのヨットレースは"マッチレース"という「1対1」のレース形式を取る、ということ。

ふむー。。確かに一斉にスタートするレースよりも白熱しそうですね。

そして、その見所のひとつとして"スターティング・マニューバー"と呼ばれるスタート前の駆け引きが大きな要素を占めている、ということ。

この、2000年のニッポンカップのサイトに、10分前からの旗や音響信号があるのですが、ずいぶんあわただしいスケジュール。。

なるほど、確かに厳密な時間管理が要求されそうな状況であることは想像できマス。。
うまくいかなきゃペナルティとかありそうですし。。

このあたり、ギャラリー側にもカウントダウンのニーズがありそうです。

まあ、筆者のような一般ピープルがこの機能を使うのは、アメリカズカップならぬカップ焼きそばを最適な出来上がりに仕上げる時以外にナイことに一抹の寂しさを覚えますが。。

「ヨットマスターU」の検索結果
posted by 綺羅 | Comment(2) | ヨットマスター2