マスターなのにレディース【LONGINES】ロンジン マスター ムーンフェイズ レディース

ロンジンのマスター=クラッシック嗜好のメンズ、という構図は自ら脱却するようで。。

クラッシック嗜好でもレディースを出してきてマス。

Moonphase_Lady_Collection.jpgこれはマスター ムーンフェイズ レディース。
マザー・オブ・パールの文字盤にべゼルダイアのまぎれも無いラグジュアリー。
その名の通りETA2892ベースにムーンフェーズモジュール乗せのオートマティック。
カラーもピンクっぽいパープルや精悍!なブラックもありで、お好み次第となっておりマス。

サイズはレディースながら35ミリ径、とメンズ並み。ここら当たりはトレンドを汲んだ模様。

18K無垢モデルがやたらめったら安かったりするロンジンの、非ドルチェビータ的新路線。
ちょっと頑張れば手の届くドレスモデルとして出してくるのか?

「ロンジン」の検索結果


タグ:ロンジン

誇りあるETAベース【LONGINES】ロンジン マスターコレクション レトログラードのプロモーション

日本の市場ではようやくスポーツコレクションが入荷したかと思ったら、海外では次に控えるマスターコレクションのプロモーションができてたりしマス。。

175周年モデルということもあってチカラ入れてくるようでして。



歴代名キャリバーが次々に現れる演出がマニアの心をうちます。
そしてその延長線上に、敢えてETAを持ってきている所に注目!

コレだけの名機を輩出してきた我々が敢えてETAを使うのだよ!という主張。
この姿勢に、どういう考えを抱くかは人それぞれかと思いますが、ロンジンの持つ「プライドある選択」という態度に、筆者は敬服せざるを得ません。

クラッシックテイストにあふれたプロモーションは、あまりにもロレックスを意識し過ぎのスポーツコレクションのプロモーションより同社のカラーが出ていて◎。
メカも良く出来てそうです。

「ロンジン」の検索結果

本領発揮や!のエレガンス【LONGINES】ロンジン ウェディングコレクション

ロンジンのアンバサダーの筆頭はアイシュワリャ・ライ様。

インド映画以外にも、海外ではコマーシャルに結構でてるようデス。
こちらはまばたきする毎に突風が吹き、グラスは落ち。。というロレアルのCM。


うーむ。。ちょっと「無敵」に近いものがある。。

で、時計方面なんですが海外ロンジンにはウェディング・コレクションというシリーズがあるので。。

longines-wedding.jpgこんなカンジです。
2007年1月に当人が結婚してますので、まさにはまり役。

伏し目がちのポーズと泣き顔、あと微笑はもう凶器攻撃ですわ。

ベルレアッティとかドルチェヴィータとかのダイアモンドセットモデルですがこの人の腕に収まると破壊力満点、となりそうデス。。


「ロンジン」の検索結果

豪勢なお月見【LONGINES】ロンジン フラッグシップ・レジスター・ムーンフェイズ・クロノグラフ

グランヴィテスが少しずつ日本に入ってきているロンジン。
このブランドの再構築も順調に進みそうデス。。
狙いは、肩の凝らない高級時計メーカー、というイメージを新たに獲得する事、でしょうか。

Register_Moonphase_Chronograph.jpgハミルトン同様、怒濤の新商品ラッシュですが、これはフラッグシップ50周年の3レジスタークロノグラフ。豪勢な金無垢にムーンフェイズ搭載のクラッシック路線デス。
価格帯ごとのターゲットをメーカー別に振り分けハミルトンとの役割分担を進めつつ、ロンジン内ではシリーズごとに年代別のターゲットをそれぞれ手中に収めんとするスウォッチグループの作戦でしょうか。

グランヴィテスよりももう少し上の世代を狙っているフシがありありと。。

うーむ。どうみてもこの新作攻勢、効果を出しそうです。。

密やかな50周年記念【LONGINES】フラッグシップ 50周年記念コレクション

2007年はスピードマスター50周年ということで、ソチラが騒がしかったのですが、同じスウォッチグループのビッグネームであるロンジンのフラッグシップも50周年となってたようでして。

ローズゴールドの金無垢モデルが三種類出て来マス。
こっちはスポーツコレクションとは対極のクラッシック色濃厚なデザイン。

flagship2.jpgコレはそのうちの一つ、2レジスター・クロノグラフ。

ロンジンらしいエレガンスが一番良く出る2レジスター。
そういや現行モデルに2レジスターって久しくナイですもんね。ヴァルグランジュの2レジスターは日本に入荷されないみたいだし。

特にムーブメントに凝るわけでもなく、かつクラッシック調が好きな方には良いのでは?
ロンジンの金無垢って案外コストパフォーマンスが良いモデルが多いですからこの新作も期待できるかも。

純度の高いロンジンファン(むしろ海外に多そうな)が飛びつきそうな商品構成デスな。

段階的上陸【LONGINES】ロンジン スポーツコレクション

2007年9月に上陸する予定だったのが、モデルによっては少し伸びたりしてますが、現在11月にはロンジンのスポーツコレクションの新作は少しづつ日本に上陸してマス。。

○ハイドロコンクエスト
○グランヴィテス
などの各モデルは数少ない店舗ながら確実に。。

しばらくは供給が少ないでしょうが、まあ、半年もすれば入荷数も安定するんじゃないかと。

二つ目バルグランジュクロノとセラミックベゼルは現在日本上陸の予定はないようです。
個人的にはやっぱグランヴィテスが気になる。。

「グランヴィテス」の検索結果
「レジェンドダイバー」の検索結果
タグ:ロンジン

ロンジンのアンバサダーはなんと。。【LONGINES】ロンジン

ロンジンのスポーツコレクションには
"There is no performance without elegance."ー流麗なきトコロに功績ナシ!、とでも訳しましょうかーというキャッチもあったりで、さりげなくロレックスに挑戦してるというか挑発してるというか。。

そんなロンジンは全く報道されなかったのですが実は2007年のテニス全仏オープンのオフィシャルタイムキーパーでありました。
(ロレックス、テニスCMの顔であるロジャー・フェデラーが決勝でラファエル・ナダルに敗れたのも因縁めいてイル。。)

実はこのフレンチオープン開催に際して、ロンジンのアジア攻略のためのアンバサダーたちがフランスに集められてたりしてました。
○東洋の時計聖地、香港から大人気イケメンのアーロン・クォック(郭富城)さん
○タイからはモデル、女優のSara Malakul Lane さん
○そして驚いたのはインドからは、、、
全然知らなかったのですがいつの間にかトップのアンバサダーにアイシュワリャ・ライさまが。。
以前に、この人のビデオを紹介した時は「時計に関係ない」とか書いちゃってたんですが、大あり、デシタ。。

普通にしてる時はちょっと美形なだけなんですが、『キメ』のポーズを取ると神秘なオーラがどばどばっと。

コノ↓ビデオでは終了2秒前にそんな感じがキてマス。。


『ララァ?ララァなのか?』
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。