パネライを超えるために【ANONIMO】アノーニモ mod.2005

あまりにも人気が出過ぎると、違うものを欲するのが機械式時計市場の常。。。
そういった意味ではポスト・パネライとしてのアノーニモの出現はあまりにも必然的デス。。

2005black.l.gifこちらは7750ベースのオーセンティックなクロノグラフmod.2005。日本にも入荷してるモデルです。
他にも面白いモデルが実はイッパイ。。2007年のバーゼルにも出品してます。レアモデルが入荷するか否かは今後の日本市場次第でもありますが。。


もともとフェラガモにいたフィデリコ・マセッシィさんとパネライ元経営者のディノ・ゼイさんが手を組んで1997年にできたブランド。
「イタリア魂、みせたるでえ!」と言ったかどうかは知りませんが、いろんなところに「イタリア製」にこだわるところがアイデンティティ。(ムーブメントはともかく)

オサレな方つながりはすでに口コミレベルで注目のアノーニモの明日はどっちだ?

「アノーニモ」の検索結果


posted by 綺羅 | Comment(0) | 新興メーカー

BELL&ROSSのトゥールビヨン(2007年新作)

ベル&ロスは1991年創業のフランス、パリにある新興メーカー。
ココ数年のデカ厚ブームにうまく乗り、置き時計にも腕時計にも使える真四角のBR01シリーズを発表し人気を呼んでいます。

B&R.jpgその同社がバーゼルにてちょっとヒネッたトゥールビヨンを出してきましたヨ。。

BRQ.jpgあんまりないレギュレーター仕様のトゥールビヨン。秒針位置に”&”マークがクリンと動くキャリッジ。
向かって左側にあるのがパワーリザーブというのはすぐわかるんですが、右側のインジケーターは精度の信頼性に関するモノ。
ふむー。。単なるファッションじゃナイよ、という主張を同社が展開するとは思いませんデシタ。。


しかしこのキャリッジのメカメカしさは斬新ですね。
タグ:BELL&ROSS

【SKAGEN】スカーゲン チタニウム オートマティック

若者向け媒体に積極的に露出しているデンマークのスカーゲン。
スタイリッシュなデザインと安価な価格が魅力ですが、いかんせんクウォーツばかりで筆者は「どーもなあ。。」と思っていたのですが。。

T-Automatic.jpg機械式もどーやら出すようデス。
ぱっと見、昔のポルシェデザインを思い出してしまいましたが。
2007年4月現在日本に入荷はまだないようですが、200ドルを切る価格設定のようで。

気になるのは「一体、どこのムーブメントを使うのか?」。
”五號”ともろバッティングする価格帯で勝負を賭けるスカーゲン機械式の勝算やいかに?
タグ:スカーゲン

【ARCHIMEDE】アルキメデ リーズナブルな上質パイロット

クロノでない三針パイロットウォッチというカテゴリーを機能中心に見た場合、「シンプルさゆえの優れた視認性」ということにトドメをさす事には誰も異論がないでしょう。

勿論、メーカーが持つ歴史や過酷な環境に耐えうる頑強さに価値はあるのですが、それらを「付加価値」としてしまうならば、このジャンルにもっと初心者向けのメーカーがあって然るべし、といえるかもしれません。

pvd.jpgで、アルキメデ。。
日本では一つだけ輸入してる時計店のある、未だ知られざるドイツのメーカーです。
これはその新作のPVD加工ケースのパイロット。白い文字盤に大きめクラウンりゅうずがズバっと好き者のストライクゾーンかも。(黒文字盤もありマス)


現在はSSモデルのみ輸入されているようですが、5万円位ととってもお買い得。
PVDモデルはもう少し待てばはいるのかな?

タグ:アルキメデ

【JACOB&Co.】ジェイコブ クインティン

ジェイコブの創業は1981年ですから、奇しくもクロノスイスと同い年のメーカー、ということになります。方向性はあまりにも異なりマスが。。。

ハイジュエリーなクウォーツ中心でやたら著名人の愛好者が多い事で知られているニューヨークのブランド。。

jacob.jpgそのジェイコブが何かを思いついたように2006年に発表したのがこのクインティン。
7つの香箱を持つ31日間(744時間)パワーリザーブの機械式。。。
ワインダーセットになってて、お値段も超弩級の6000万円!



もはや針もディスクもないこのインターフェイスはなかなか斬新。。

31日間もパワーリザーブするなら、こういった異形の相とならざるをえないだろうなあ、と多くの人は思っていたと思いマス。
そう、ランゲ31が出るまでは。。。
タグ:ジェイコブ

【Victorinox】ヴィクトリノックス アンバサダー (デイデイト)

「五號」などの国産以外で、パワーリザーブなどと同様に「機能は魅力的だがリーズナブルなものが案外見当たらない」というジャンルに「デイデイトー日付+曜日表示」機能がありマス。

汎用ムーブメント代表であるETA2824-2がノーマルではデイト(日付)表示のみだからでしょうか。わざわざ曜日まで表示することはない、という判断のようで。。。
そういえばロレックスもラグジュアリーなデイデイト以外は搭載しないですよね。

amb.jpgで、どうしてもって方はスイスアーミーナイフメーカーであるヴィクトリノックスのアンバサダーなどはいかがでしょうか。
12時位置の扇型デイト表示、ジュビリー調ブレスはロレ風ですがもともとサバイバルツールのメーカーらしい武骨なツラ構えとのアンバランスが新鮮デス。
これはまだあんまり入荷のない新色ブルー文字盤ですが、なんだかとっても印象的で見た人の記憶に残るような、そして「どんな服にも気負わず似合いそうな」。。。
グリーンの文字盤なんかはまだないんですが、ホントにつくったら面白そうです。
実売8万円位ですが、プレステージ感もほどほどあったりして微妙に良。

ちなみに同社にはユニタス6498ベースやバルジュー7750ベースのエアボスなんかもあるんですが、オリジナリティを一番発揮しているのはこのモデルだと思いマス。

(「新興メーカー」カテにお邪魔してみました。)

オーガニックというテーマの斬新なメカ【Nubeo】ヌベオ

21世紀の初めに創業、というところが新しい事をやろう!という意気込みを感じさせるヌベオ。本社はスイス・ジュネーブとのこと。

nubeo.jpgジェリーフィッシュ=クラゲ、と名付けられたこの時計は同社がテーマとして掲げる「オーガニック」にふさわしいものに仕上がりました。「他の何にも似ていない」という意味でヌベオの時計は常識的に許容されつつも強烈な個性を放ちマス。ムーブメントのベースはバルジュー7750の様ですが、もはやこの場合「そんな事は『どうでも良い』」って言わせてしまう説得力が。。。


本社サイトは海の底?

うむー。セイコーガランテが目指すべき到達点はこの路線であるのかもしれぬ、と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。
タグ:ヌベオ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。